Aria〜今「死」を迎えようとしている方へ〜

日頃、感じている事

家族には話せないが 話しておきたい事

ゆっくり身体を休める方法を知りたい

やってみたいと思っている事

家族のことやお友達のことで

困っていること 悩んでいる事

誰にも相談できない事

本当の素の思い

そんな思いのたけを 受け止めます

お身体の安楽は ヨガによって

心のやすらぎは 共に瞑想をして

安心のできる

ご自身の 居場所を提供いたします

 

多くの方の 笑顔のために

はじめまして!

    吉川 結希と申します
    看護師として、病棟の勤務を14年経験してきました
    そこでは、様々な患者さまと出会い、500名ほどの患者さまの死に立ち会わせて頂きました。
    また、お元気な方でも、人生の振り返りや人生からの学び、人生の経験を話される事があります。この話は、看護師の私にとって、多くのことを学ぶこととなりました。
    患者さまの言葉はどれもが、実感が伴い、ある重みとその方の真実が伝えられます。
    これは、共に立ち合わせていただいている私たちにとっても、大変貴重な言葉であり
    多くの方へのメッセージにもなることだと考えています
    そのメッセージが、伝えられないまま、伝えたくても話す場がないままでいるのは、もったいないと思います。
    この場をそのように使って頂きたいと感じています。
    ご病気で、患っていらっしゃる場合は、どこかしらに苦痛を持たれていることと思います。
    少しの時間でも、安楽に過ごせる様、適切な体位で安楽な時間を提供いたします。これは「ヨガ」の技法を使っていきます。
    安楽な時をお過ごし頂き、安心感・安らぎをご提供いたします。
    瞑想をし、「生きる」感覚を味わって頂きます。
    豊かな時間、ゆっくりと穏やか時間を持って頂き、笑顔となって頂けましたら、嬉しくおもいます